和牛通販 讃岐ビーフ.COM

讃岐ビーフドットコム 安全和牛のオンラインショップ 買い物カゴを見る 代金引換、銀行振込、カード決算
ムービーを見る
店長自ら牛舎に出かけて気に入った和牛だけを一頭丸ごと仕入れます。
料理別牛肉一覧
すき焼き用
しゃぶしゃぶ用
ステーキ用
牛肉のたたき
お試し讃岐牛
数量限定サービス品!

部位別商品INDEX
黒毛和牛リブロース
黒毛和牛肩ロース
黒毛和牛サーロイン
黒毛和牛テンダーロイン
黒毛和牛モモ
黒毛和牛イチボ
黒毛和牛ランプ
黒毛和牛バラ
黒毛和牛テール
黒毛和牛すね肉
黒毛和牛ホホ肉
黒毛和牛タン

ギフト用
予算で探す
部位別で探す
ギフト相談センター
法人のお客様へ
法人・イベント幹事のお客様へ

こだわり派のあなたへ!

和牛の個体差 現在の在庫 成熟 度etc…。店主自ら目的の料理に合った最 高の部位をご提案いたします!

店主直通!オーダーカット相談窓口

Private Voice
 業界ウラ話
 店主の偏見にみちた?
 ひとりごと…etc
みんなの広場 伝言板♪
免許皆伝!簡単レシピ
毎日更新日記帳

森山ミート株式会社
香川県高松市常磐町1-4-4
代表取締役 森山 芳憲
Tel:(087)831−0604
Fax:(087)831−2455
mail:info@sanuki-beef.com

支払方法/送料 お客様の声 法に基づく表記 プライバシー お問い合わせ サイトマップ

和牛通販 讃岐ビーフ.com > 日記

 

2004年12月31日(金) もうそろそろ冷蔵庫の中がからっぽです。

今年は早めに店じまいできそうですな。(冷蔵庫のドアにはさんで内出血で黒紫色に変色した右手薬指をしみじみ見つめながら。)

仕事終わったら、ことことテールスープを煮込みながら、コタツでちびちびお酒飲みつつ格闘技でも見よっと。

家族揃ってコタツを囲むなんていつぶりやろ?(←晩ご飯が終わっても残業続きで、自宅仕事にもかかわらず、この冬我が家にコタツが登場して以来、一度も家族と一緒にコタツを囲んだことがなかった。)

えー、みなさんのおかげで【讃岐ビーフドットコム】は、予想以上の売上を残し、今年も無事に年越しできそうであります。お世話になりました。ほんまにありがとねー。

お正月、なんと1/4まで休みます。(ネットショップの初出荷は1/6からね。)正月に三日以上も休むのは、仕事し始めて以来初めてじゃないのか?この一日の正月休みを確保するために僕は何年かかったんだ。我ながら情けない。

ああ、それと、元旦昼2時から山陽放送テレビの「Voice21」の正月2時間特番とゆーのに出演します。岡山・香川地方の方、お暇でしたら見て笑ってやって下さいな。(どう編集されてるか知らないから番組内容に責任は持てませんが。^^;)

それでは来年がみなさんにとって素敵な年になりますように。
良いお年をお迎え下さいませ♪

 

日記帳は新年6日から再開予定です★

2004年12月30日(木) 「地球―はまわーるー♪」

クリスマスに「ラピュタ」を久しぶりに観た影響で、息子はテーマソングを歌いながら、ご機嫌な様子で「天空の城」もどきをレゴでせっせと作っております。

実は僕もジブリでは断然“ラピュタ派”なのだ。(「魔女の宅急便」とか「もののけ」とかあんまし好みじゃない)。

宮崎アニメについて語り出すとすっごく長くなってしまいそうなので、それはまた次の機会に譲るとして。(「カリオストロ」も大好きよ。)

クリスマスケーキの保冷用についてきたドライアイスを水に浸し、スモークをつくり雲に見立て、部屋の明かりを消して斜め下から電気スタンドのライトをあてて妙にリアルなジオラマを演出する息子。こやつはSFX監督でもしてるつもりなんでしょうか?(たしかにオモシロそう。なれるもんなら僕もそーゆー仕事をしてみたいような気もするのだが。)

ラピュタはいい。窃盗団(海賊?)の頭領のババアがかっこいい。巨神兵が生き返るシーンもジクゾクもん。空から女の子が降ってくる、ってだけでロマンティックだと思いません?(※純真で可愛い女の子がふわぁ〜と、限定。性根悪のぶちゃいくがどさどさ降ってきても全然うれしくない。)

「シータ!」「バズー!」

入道雲を見るとつい思い出してしまいますな。某国営放送のアンコールワット特集を見て、飯を食いながらイキナリ「ラピュタや!」と叫んだのは、何を隠そうこのワタクシであります。(←42さい。)


2004年12月29日(水)モリヤマ牛

米沢,松阪、但馬牛〜♪
三大和牛、って言うじゃなあーい?

ほんまは「モリヤマ牛」のほうが旨いんですからっ!

残念っ!
「ほんまにええ牛は、そんなにようけおるかいっ」斬り!!

…いやいや、冗談はさておいて。(←半分まじだけど。)

よく地域ブランドを引き合いに出して、「○○牛が最高!」とか「いやいや××牛の方が。」とか言うてますよね?同業者でも、そーゆーことをウリにしてるショップも多いです。(僕は内心「バカなことやってるなぁ」と思ってるんだけど。)だって一般消費者にもわかりやすいからね、地域ブランドは。

地域ブランドの規定はいろいろあるけれど、ほとんど肥育地域と品種(黒毛和種とか日本短角種とか)と格付け(歩留まり等級をA〜Cまでの三段階、肉質等級を1〜5までの5段階で判定)で決まる。平たく言えば、「○○というエリアで肥育した」「▲▲種の牛で」「品質基準が@@以上」の牛、というもの。

たとえば神戸ビーフだと

「兵庫県産で」
「但馬牛(但馬地方産の黒毛和種)の処女牛または去勢牛で」
「格付けランクA5,B5およびA4.B4の一部」
さらに「兵庫県内の食肉センターから出荷されたもの」

品種や格付けはともかく、地域差ははっきり言って味に関係ないと言っていい。同じ格付けの同じ部位を同様に調理して、目隠しテストで神戸ビーフと松阪牛(共に黒毛和種)を判別できるヒトなんていないってば。(きっぱり。)

僕の経験からいえば「地域」=エリアというより。むしろ「水」や「餌」、気候条件を含む「肥育環境」の方が肉質に及ぼす影響ははるかに大きい。一定レベル以上になれば和牛の能力で最も注目に値するのはその牛の「個体差」であって、「地域」という行政的な枠組みを基準に和牛を判断してしまうのはナンセンスだと思うのだ。

「地域差」なんてほとんど意味ない。極端な言い方をすれば、僕は讃岐牛(香川県産)にすらそれほどこだわっていない。僕は安全で高品質な牛肉をお客様に提供できればいい。ただ僕が自ら生産地まで赴き、自分の目ですべて(餌、水。肥育環境、牛の素性や健康状態etc)を確認した上で納得した和牛のみを仕入れ、お客様に自信と責任を持って提供することができるのが讃岐牛だ、ということだ。

さらに格付けが高ランクだからといって美味しいとは限らない。派手な霜降りが必ずしも旨いワケじゃないんだわ。

長々と書いてきて、一体何が言いたいか?と申しますと、「格付けがある程度のレベル以上になると、あとは牛の品質は個体差に左右される」ということ。だから、一定以上の高レベルの和牛を扱う職人には「微妙な和牛の個体差を見分けられる見識眼」や「ケース・バイ・ケースで(調理法とか部位とか)ベストな状態の商品を提供できる熟成加工技術」が求められる、ってこと。

「モリヤマ牛」
ひとりでやる、ということ。

すべての和牛は僕が選別し、すべての商品には僕の包丁が入っています★


2004年12月28日(火)一歩手前?

どんどんひゃららー、
どんひゃららー♪

あーさから聞っこえる笛太鼓〜♪

 

昨夜から頭の中でこの曲が(曲名ど忘れした。)オートリピートで鳴り響いております。僕はもう危ないんでしょうか?

昨年のこの時期に脳内に鳴り響いていたのは「お馬はみんなー、ぱっぱか走るー♪」だったので、多分まだ大丈夫かと。

わしゃほんまにレゲエミュージシャンなのか?


2004年12月27日(月) 出荷ラッシュであります。

毎日集荷に来るヤマト運輸の担当者がびっくらこいております。一回では台車に荷物が乗り切れないぐらい。(今月の実績をタテにして、来月送料ねぎったろ。)

一日2,30件ならラクショーでこなせる自信はあるんだけど、さすがに50件を超えるとキツイわなー。倉庫の棚からピッキングして包装すりゃいいわけじゃなく僕の場合、そのつどオーダーにあわせて肉塊からスライス加工しなきゃいけないワケで、いわば半分加工業だからね。

しかーも実店舗の仕事の最盛期と通販の発送ピークがクリスマス前から半月以上切れ間なく続く。そりゃしんどいはずさね。

お歳暮発送
  ↓
クリスマス商戦
  ↓
年末発送ラッシュ
  ↓
実店舗年末営業

ね、けっこータイトなスケジュールでしょ?

加工とか物流とかを外注すればいいんだけど、そこはほれ、ワタクシ妙に偏屈でして、「人任せ」にするのがイヤなのね、他人のやったことまで責任取れないもん。

僕は「部下が」「組織が」「システムが」などとゆー言い訳をお客様にも自分にも許さない。万一間違いがあれば、それは全部「僕の責任」なのだ。自分の力でオマンマを食うようになって以来、僕はずーっとそーゆー方針でやってきた。モリヤマ的にはそのほうがずっと気持ちが楽ちんなんだからしょーがない。それでいいのだ。

この時期、睡眠時間の確保は物理的に不可能なので、食事の栄養バランスに気を遣わなければいけない。ビタミン類の摂取を欠かさず良質タンパクを多めに、持久力維持のために炭水化物も必須ですな。

僕は元来小食だし、だいたいこの時期はゆっくり飯を食う暇もないので、トマトジュースにキウイとヨーグルト、玉子かけご飯と餅で乗り切ろうとしてる僕は間違ってますか?(^^;)


2004年12月25日(土)あと一週間!(でお休みなんだもんね♪)

クリスマス用の数百本のローストチキンを焼き上げ完売したと思いきや、年末30.31日配達日指定の商品の仕込み作業のため「抜け殻」になる暇もないじゃないかっ!

世間の皆様が恋人や家族と一緒にスイーツなクリスマスを過ごしている間、御用納めも終わり年末休暇に突入し自由を謳歌してる間、モリヤマは汗と脂にまみれ、ウィダー・イン・ゼリーとトマトジュースで体力を保ちつつ、腰痛と闘いながら包丁を振り続けるのであーる。がんばるぞー、おーっ!

わしゃブルーワーカーの鑑、ですな。
もっと給料もらわんとやっとれんぞ、まじで。

…借金さえなければ。(T▲T)


2004年12月24日(金)未来日記

今日は日記、お休みするからね、わりーけど。

くたくたに疲れて、それどころじゃない予感。


2004年12月23日(木)あらせっさっさーっ!

クリスマス用ローストチキンのロースターを睨みつつ,タタキを炙り、商品を梱包するとゆー1人三役をこなしながら、今晩の包丁仕事のダンドリに思いを巡らせております、ああ、しんど。

ここんとこ毎晩、仕込み作業で残業&その後のパソコン作業が続いてて、そろそろ持病の腰痛が出てきそうな気配。疲れが溜まると以前痛めた場所に負担がかかるからねー。

仕事が片づくとすぐ寝りゃいいんだけど、これがなかなか寝付けない。普段の処理能力を超えた仕事量を無理矢理こなしてるから、頭も身体も疲れてるけど変に興奮してるんだろね。アドレナリンとかばんばん分泌されてるんじゃねぇか、僕?

寝付けないでいつまっでも布団の中でもぞもぞしてるのも時間の無駄なので、そーゆーとき、なじみのショット・バーに出かけていって、一杯引っかけることにしてる。クールダウンしなくちゃね。

時間にして30分ほど、二杯だけ。しゃべることもなく何にも考えず、音楽を聴きながらぼけーっとタバコを吸いつつ、スコッチを冷やしたグラスにアイス抜きの1:1の水割りで。(普段はバーボン・ソーダなんだけど。)

この30分を確保することが、けっこー大事なんだわ。キン・カン(緊張と緩和)の法則、とゆーか、かんかんに集中するためには、だらーっと自分を解放してやる時間が必要なワケで。

はっといてくれる場所がある、って、ありがたい。


2004年12月22日(水)今夜も残業。

クリスマス用のチキン(実店舗用)の仕込み作業やんなきゃねー。

寒―い作業場で(ナマモノ相手だから暖房できないんだわ)1人黙々と、ちべたい鶏肉の骨際にナイフを入れ続けるのだよ。それが終わったら明日発送の商品の仕込み作業が待ってるぞ。ひぇ〜っ!
(んで、その後パソコン作業。)

クリスマスなんて大嫌いだぁーっ!
       ↑
(学生時代はキャバレーでバイト、大学卒業後も毎年夜遅くまで馬車馬のように働いていて、人並みのハートウォームなクリスマスを経験したことのない男。)


2004年12月21日(火)もーいーくつ寝ると、お正月〜♪

香川県は古来お雑煮にあんこ入りの餅を使うという、世にも稀な風習なんだけど(僕はあんこが大の苦手なので食べないけど、勇気を出して食べてみるとけっこー美味しいそうだ。)基本的に、丸餅に白味噌、大根、ニンジン+αというのが近畿地方から四国西部に共通したお雑煮スタイルなんだそうな。(我が家の伝統的なお雑煮にはなぜか鶏肉が入ってる。)

例外もあるようだが、関西は丸餅白味噌、関東は切り餅に澄まし汁と大別されるらしー。その境目は関ヶ原を中心に、北は岐阜高山→金沢、南は三重県四日市→和歌山県新宮を結ぶラインだとか。にゃんとまぁ、これはあの【探偵!ナイトスクープ!】の「全日本あほばか分布図」と重なるではないか!つーことは、丸餅白味噌仕立ての雑煮を食べてる地域は「あほ」、切り餅澄まし汁の地域は「ばか」と言ってるのか。

しかーも、そのラインはかの「どん兵衛」が西日本向け。東日本向けで微妙に味の違った製品を出荷してる境界線や、鰻をさばくとき「背開き」「腹開き」の違いの境界線ともほぼ一致する。うーむ、400年前、天下分け目の戦いが関ヶ原で行われたのも、歴史的必然性、なのか?

たぶん古来からの京都文化の影響をずっと受け継いでる地域が未だに丸餅を好み、徳川幕府以降、江戸文化の影響を強く受けた地域が切り餅派に変わったんだろね。そーいや白味噌仕立ても「あほ」って言葉も京都が発祥だったような気がする。

僕はお正月には、お雑煮よりだんぜんテールスープなんだけど。

(テール、あと少しだけど年内在庫あるよ。商品ページにアップできるほど数は揃ってないけど、日記帳見てるヒトで「ぜひ!」ってヒトはinfo@sanuki-beef.comまでメィル・ミー。)


2004年12月20日(月) ♪じーんせい楽ありゃ苦もあーるーさー。

   (中略)

♪あーとから、きーたーのに追―い越されー、
♪泣くのがイヤなら、さーあ歩けー。

僕は他人のことがほとんど気にならない超マイペース人間なので、そーゆー理由で歯を食いしばって「歩き続ける」努力をしようとは、全っ然思わないし、「追い越される」のがイヤでもなんでもないし、ましてやそんなことで泣くなんてあり得ないんですが。

ミーイズム、ってほどのもんじゃないけど、僕が一番興味があるのは「自分」でして、極端な言い方をすれば、他人と競争して「勝った」「負けた」はどーでも良くて、「自分で設定した目標を達成できたか?」が最も大事な評価なんだわ。

なにより大事なのは「自分で自分をコーチングする能力」。
それさえ身につけりゃ恐いもんなしサ★

ゆっくりでもいい。
ちゃんと地に足をつけて、背伸びしないで、着実に進化していくこと。

自分の決めた「まっとうな仕事」のアベレージを維持し、伸ばし、僕の仕事を評価してくれるお客様から、仕事に見合った報酬をいただき、こつこつリピーターを増やしていく。

得意戦略は“阿呆のひとつ覚え”。

今までも、これからも、僕はそれでいく。


2004年12月18日(土)ごめん、売り切れたら勘弁してねー。

ウチからお歳暮ギフトを発送したご注文主から
「評判が良かったので自分も欲しい。」とか、
お届け先から「美味しかったのでお正月用にタノム。」とか、
「知人から噂を聞いて。」とか、
クリスマス駆け込み注文とか、

現在予想以上のご注文が殺到しております。
(梱包用の箱やガスパック用の混合ガス、追加注文しとかんと…。)

ステーキ用テンダーロイン、およびサイコロステーキをご注文予定のお客様は、予約で在庫が底をつきつつあります。お早めにご予約くださいませ!

(サイコロステーキ15パック、って、いっぺんにそんなに端財出してたら儲からへん、ちゅうねん。^^;)


2004年12月17日(金)小ネタ。


名古屋人の野望。
    ↓
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/6434/swf/nagoya.swf
( リンクが死んでるようなので、UPLを直接ブラウザにコピペしてみ。)

フラッシュ音声つきなので、職場では見ないようにしたほうが身のためかと。 (^^;)

そのK国バージョン。

わっはっはー。(←黒いギャグ大好き★)

エンディング後の【注釈】がサイコーであります。
作者のブラックユーモアのセンスに脱帽っ!

誰か香川県版も作ってくれんかね?

 


2004年12月16日(木)リズム

ぱや!
どこどこどん(←ティンパレス)

ぱやぱや!
どこどこどん(←ティンパレス)

♪ずんずびでゅび、どぅびどぅびでゅーわ、
♪ずんずびでゅわっぱー。

(by ザ・ピーナッツ「恋のフーガ」)

 

いったい何が言いたいかと申しますと、“リズムの感じ方”についてでして。

ワタクシ、ジャマイカ人やブラジル人と一緒にレゲエバンドでベースを弾いてる関係上、以前から人種間のリズム感の違いについていろいろ考えてきたワケでありますが、(同じ黒人でも国によってノリが違うのね。)先日ちょっとその謎の解決のヒントをつかんだような気がするのであります。

こと「バウンス」とゆーか「跳ね方」に関しては、
「刻み方」あるいは「歌い方」が、かなりキーワード、じゃないか?と。

僕にはどーゆーワケか外国人の知り合いが多く、彼らとしゃべって気付いたんだけど、アジア系(日本人を含む)のヒトは、リズムをだいたいカ行とかタ行で歌うのね。「タカタカ」とか「テケテケ」とか。

ところがたとえばJAZZなんかだと、アメリカ黒人音楽の要素が強いからそうはならない。ネイティブはもっと濁音っぽく「Shu bu da…」みたいにリズムを刻んで(感じて)るのね。(正確にはShuの前に-ingを発音するときのような「んぐ」って音も入ってる感じ。)だからドラムやベースが「タカタカ、トトン」って歌っちゃうと出てくるリズムは絶対跳ね過ぎちゃうんだわ。

三連符なんかだと「タカタカタカ」って歌い方で演奏するのと「Shu bu da…」って(心の中で)刻みながら演奏するのと全然出てくるリズムが違ってくる。跳ね方とかニュアンスとか。

人種別のリズム感には、そーゆーことも、かなり影響していると思う、多分。(←ちょっと自信ないかも?)

 

そーいった意味で、空中ブランコを「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」と表現した中原中也は、やっぱし日本人離れしたリズム感覚を持った天才ですな。
    ↑
どーいった意味でやねんっ!
話が微妙にちごてる、ちゅうに。(^^;)


2004年12月15日(水)阿呆ですか、この家族は?

「PSPじゃない」父親を殴った息子を逮捕

そんな理由でブチキレて親に殴りかかる息子も息子だが、15才の息子にフランスパンで殴られて警察に通報する親って。(パン渡り30cmだって。/笑)

つか、そんなもん息子に買いにいかされるなっ。
(朝っぱらから長蛇の列に並んで。仕事せいっ、ちゅうの。)
いったいどーゆー教育をしてたんだよ、この親は?

確かに周りを見れば、どんなにゲーム機に疎くても自分が買ったのが違う、ってことぐらいは普通に気付きそうなもんだけど。この親もよほどトロイと思われ。(間違って買ってきたゲーム機のもっさいデザインがなかなかナイスでありますが。/笑)

「急いで取り押さえたため、全治三日の軽傷ですんだ」って、フランスパンでどつきまわすとそれ以上の重傷になるんか?

隣にあった果物ナイフを使わなかった、ってのが救いですな。


2004年12月14日(火)歯医者にて。

奥歯の詰め物がぽろっと取れてしまったので歯医者に行った。年末最終決戦時や正月休みに痛み出したりすると困るもんね。

最近の歯医者は麻酔技術がよくなってきてるらしく、昔に比べて全然痛くない。ありがたいことよ。僕の幼少時は麻酔なんてなしで歯をガリガリ削ってたから無茶苦茶痛かったような気がするのだが。今から考えるとよくもまぁ、あんな乱暴な治療を受けてたよなぁ。

まぁ。それはよしとして。

僕の通ってる歯医者さんは、予約を入れておけば時間通りに治療してくれるし、きちんと説明してくれるし、腕は確かだし、何の文句もないのだが、先日治療に行った時。

その歯科医院は小児歯科もやっていて、おおむねご主人が大人担当、奥さんが子供を担当してるらしい。三つの治療シートのうちひとつは主に子供用シートにつかってるようでアンパンマンとかトトロとかピカチューとかのぬいぐるみが飾り付けてある。

そのとき僕と同時に治療を受けてた子供がもううるさいのなんの、泣き叫んで暴れる暴れる。あんまし手足をじたばたさせるもんだから、僕を治療してた看護婦さんやご主人まで総出で身体を押さえつけることに。

ほったからしにされる立場としては、あんましイイ気はしないけど、「まぁいたしかたないわな。暴れてちゃ危ないもんねぇ。」「やかましわ、ヘタレくそガキ。こんなんわしらの子供時代に比べてなんも痛ないやんけ。それよか親は何しとんじゃいっ!」って、人並みの軽―い憤慨感を覚えつつ騒ぎが収まるまでおとなしく待ってたのね。

排唾管(唾液を吸い取る管)を口につっこまれ、口を開けたままマヌケ面でずーっと天井を眺めてるのもしんどいので目をつむってことが収まるのを待つことにした。排唾管は勝手に自分で抜いて。(長くやってると無意味に唾液を吸い取るから喉が渇くのだ。)

目をつむって聴いてるとオモシロイの。

「う゛げぇ〜っ!いややー。もうやめて、やめてっ!」
「おがぁさーん、助けてぇーっ。誰かーっ!」
「いやぁー、いたいーっ!もう死ぬ、死ぬ。」

まるで猟奇犯罪に遭遇したかの悲鳴。(笑)
妙にリアリティがあっておかしい。

「死ぬか阿呆。」
「きぃきぃうっさいわ。猿かお前は?」
「そのくらいで大騒ぎしとったら蚊に食われても生きとれん、ちゅうに。」

>目をつむったまま無意識に心の中でツッコんでしまう僕。

 

小児歯科もたいへんだわ。僕には絶対できまへん。(自分の息子なら)確実に張り飛ばしますな。ウチの息子は幼少時から僕が鍛え上げているからそんなことはしないだろうけど。(←しつけのなってない子供嫌い。)

2004年12月13日(月)ユシチェンコ

なんですかあの顔は。特殊メイクみたいじゃないか!ダイオキシンで毒殺、ってほんまかい?もしそーなら、帝政ロシアからソ連KGB時代に続く暗殺毒殺の流れを感じますな。

旧共産シンパと親米派、カソリックと正教派が入り交じって無茶苦茶になってる模様。パイプライン利権とかロシア軍事基地とかヤヤコシイ問題もあるし、ロシアンマフィアとかも一枚かんでるみたいで、大混乱してる。

イカサマ同一記名票で投票率は100%を超えるわ、投票所に右翼が乱入して一般人に暴行したり勝手に票を焼いたり破ったりしてる影像がテレビで放映されるわ、どーなってるんだウクライナ?

当然報道管制もされてるだろうし、西側メディアは相変わらず自分たちに都合のいい情報しか流さないはずだし、日本のマスコミは裏取り調査もせずそれを鵜呑みにして「右から左に」報道しかできないから、本当は何が起こってるのか全然つかめない。

ネットで現地情報を探ってはみたけれど、ロシア語翻訳ソフトがイケてないから、何書いてるのかあんましよくわからない。僕自身がロシア情勢に疎いうえに、プラウダとかモスクワタイムズとかの記事も怪しいし。

旧チェコスロバキアのように、ウクとライナに分裂するんか?


2004年12月11日(土)マリノス強し。

主力選手を怪我で欠きながら、しかも退場者を出し1人少ない状況で、イケイケの浦和攻撃陣(特にエメルソン、お前はすごすぎ。もうとっとと欧州リーグにでも行くべき。)に終始押し込まれる展開を粘り強くはじき返したマリノス守備陣よ、(松田、中澤、すばらしいっ!)派手な試合ではなかったけれどすんごく見応えある試合だったなぁ。

僕はJリーグ以前、日産時代からの古参マリノスファンなのだ。新横浜に住んでた頃は三ツ沢まで練習を見に行ってたぐらい。(水沼、木村,金田の時代だよ。)

当時、読売VS日産は日本リーグの黄金カードだったけど、全然観客なんて入ってなかった。それでも読売はラモスを中心に、南米サッカーを標榜した派手なパスワークをウリにけっこー人気があって、確かに試合展開も素人目にも見てて楽しいし、若い女の子のファンとかも黄色い声援をしてた。

偏屈野郎の僕は、そーゆーちゃらちゃらしたのが少し気にくわなかったし、元来南米サッカーよりオランダ贔屓(だって出がクライフだから)だったので、アンチ読売だったのだ。かといって当時の日産がオランダみたいなサッカーをしてたワケじゃ全然ないけれど、スター揃いの読売に比べてなんとなーく“無骨な侍軍団”みたいに見えて好感を持ってた。

(僕は野球のことは全然よくわからないけれど、野球ファンがよく言う「巨人ファンなんて素人。野球のことよくわかってないんじゃない?」ってゆー感覚に近いのかもしれない。)

でもここ一番でイマイチ勝負弱い。当時はポテンシャルも精神力もそれほど劣ってないのに、直球勝負を挑んで、狡猾な試合運びされると力及ばす悔し涙を飲む、みたいな感じの試合が多かったように思う。

一枚上、“大人の試合運び”でありました。チームとしてずいぶん成熟したなぁ、と思うのだ。


2004年12月10日(金)1人作業

昨夜は2時過ぎまで本日発送分の仕込み作業をしておりまして、さすがに少々疲れ気味でありんす。週末配達日指定のギフト注文がどっさりー。

晩飯もそこそこに(どんべえミニカップ)、夜中まで冷たい作業場でひとり働くイタイケな僕がいぢらしい。ヨメと息子は夕食を外食ですましお風呂に入ってTV見て、暖かい布団でとっくに寝入っております。

でもね、けっこー嫌いじゃないんだわ、そーゆーの。僕は団体行動とか共同作業とかあんまし得意じゃない。特に包丁仕事なんかだと、作業場を広く使って自分のペースでひとりで作業を進めた方が断然ダンドリがいい。中途半端に手伝われる方がやりにくいんだよねー。

夜食は(ヨメたちが“お持ち帰り”で買ってきた)冷えたチャーハンをレンジで温めて、ビール。入浴後、息子のノーテンキな寝顔を見に行って「とうちゃんがんばるけんね。」と独り言をつぶやき、寝酒にザーサイを囓りつつ紹興酒をちびり。

充実感とか達成感(やり遂げた感)も相まって、シミジミ旨かったりして。


2004年12月9日(木)DNA鑑定

またもや捏造だったそうな。そこまで稚拙な手口を使ってまでなんとか拉致問題を幕引きし、日本からの経済支援が欲しいのか?うーん、こりゃかなり追いつめられてる様子ですな。

僕はかねてから「あの国はもう相手にするな。放っておいてももう10年も持たないだろうし、話が通じる相手じゃない。」と考えてるんだけど、拉致被害者のことを考えるとそうもいかんわなー。

確かに日本人を愚弄した行為だし、「こいつらナメてんのかっ!」「なんでこんな国に援助したらなあかんねんっ!」って気持ちも理解するけど、ここで感情論で即時経済制裁するのも「もったいない」行為でして。子どものケンカじゃないんだからもっと効果的にカードを使うべき。

緻密に理詰めで矛盾点を追求しグウの根も出ないように追いつめたら、期間を決めてゆっくり相手の出方を見ればいい。(コロンボが犯人を追いつめるがごとく。)

「おかしいですねー。将軍様直々の命令で再調査した結果がこれ?」、
「○ヶ月以内にちゃんと回答もらわんと、やりたかねーけど万景峰号の入港禁止ぐらいはさせてもらいますよ?うっとこの国民もこのままじゃ黙ってませんしぃ。」
「さ、どうします?あんたらまた嘘ついてましたよね?」

外交手段として相手の弱みを見つけたら、それにつけ込んで交渉を有利に運ぶこと。国際世論に訴えて、かの国の無茶苦茶加減を広く知らしめるのも効果的だろう。(よう知らんけど、こーゆーの、国連人権委員会とか国際司法裁判所とかに訴えてもダメなの?)

自分に非を棚に上げて逆ギレしそうだけど、ほっとけばいい。「経済制裁は宣戦布告とみなす」とか言ってるらしいけど、いざ戦争が始まれば2週間も持たないことぐらい自分でもわかってるはずだ。だって石油がないんだもん。

北の将軍さまがもっとも怖れているのは、国内のクーデターでチャウセスクのごとく自分が処刑されてしまうこと。外国からの援助を取り付けて、なんとか経済危機をのりきりたいんだろうなぁ。

現実的に、もう日米の経済援助がなければ、早かれ遅かれ潰れちゃうんだからさ、必要以上に怖がることも、危険を冒してまで急激に追う込む必要もない。じわじわ兵糧責めすれば終いにゃ降参するしかないんだから。


2004年12月8日(水)なにやってんだか。

知り合いに最近財テクにハマってるヤツ(女性、年下)がいるんだけどね。たまたまこないだ飲み屋で会ったらウルサイのなんの。

「これからはもう自分の資産は自分で運用しなきゃいけませんっ!」
「生涯賃金を海外ファンドで運用すれば…。」
「○○積立は長期的には有利ですよっ。」

…などと頼みもしないのに熱弁をふるう、ふるう。僕は自分の資産を他人に任せるようなことは今までもこれからもないし、ハイリスクな海外ファンドに手を出すつもりもないし、第一僕には運用するほどの個人資産はないので、「大きなお世話じゃ。ほっといてくれっ!」なんですが。

内心「やかましわ、黙っとれ!」「お前は証券会社のまわし者かいっ?」と思いつつ、てきとーに「ふーん」「なるほどねー」とか、当たり障りのない返事をしてたのだが。

「ワタシなんかこれだけの資料を持ち歩いて勉強してるんですよ!」(←ちょっと得意げに。)まるほど、たぶんこれが言いたかったのね。

カバンの中を覗いてみると分厚い財テク本(っていうんか?)が何冊もつまっている。リアルタイムでの情報収集のためパソコンも持ち歩き、モバイル用のAirH”の契約もしたとか。(株のデイトレーディングをするならともかく、たいして多くもないであろう貯蓄の振り分けに悩んでいる程度ならそんなのいらないんじゃないのか?)おそらく財テクのため毎月一万円はつぎこんでいるように思われ。

あのー、今のご時世、一万円の利子を稼ぐのがどれだけ大変かは。あなた自身がよくご存じのはずですが。

貯蓄をちょっとでも増やそうとする努力は認めるし、そーやってアレコレ考えるのが楽しそうなので、それはそれでいいんですが、大事なところがごっそり抜け落ちているような…。(笑)


2004年12月7日(火)嬉しい悲鳴

ここ数日、年末発送の予約注文が堰を切ったように殺到しております。12月第一週前年度比300%!あわわ。

去年末も予想外に注文が入って12/25過ぎには「売る肉がほとんどない」状態だったので、今年はかなり余裕を持って牛を手配したつもりなんだけど、このままのペースで受注すれば今月中旬にもネット用在庫が底を突きそうなイキオイ!!

僕は気に入った牛だけを丸ごと一頭仕入れてるので、今からじゃとても追加手配不可能。(和牛の肥育には25ヶ月以上かかるのだ。)在庫商品がなくなれば、その時点でもう売り切れ終了にするしかないワケで、多少「売り逃した感」はあるものの、まぁそれはそれで売上目標を十二分に達成してるんだから贅沢は言えないんだけど。(生モノだから、売れ残り=すべて商品ロス、だからねぇ。)

年末年始用として配達日指定の注文がほとんどだから、しかも生モノだから、月末数日間の発送ラッシュがものすごいことになる。問題は「僕の身体がもつか?」でして、実店舗販売と相まって連日の包丁仕事(徹夜必至。)が過去に経験したことのないハードワークになりそー。

商品ロスを極力少なくできるように、手際よく作業できるように、前もってしっかりしたダンドリ組なまきゃエライめに会うぞ、こりゃ。このままいけば、かねてから僕が試算していた「ひとりでできること」の限界点に近い仕事量(一日当たり)に挑戦することになりそーだ。うっひょーっ!(半分ワクワクしてるんだけどね)(^^)

 

久しぶりに(半年ぶり?^^;)「さ、て、そろそろメルマガでも出したろか?」などと思っていたのだが、そんなことしたら僕がパンクする。自分の限界を超えた無理な仕事はアベレージを保てない。

サイトリニューアル&DBのバグフィックスも、来年落ち着いてからじっくり、にせざるを得ないみたい。呑気にそんなことやってる暇ねぇぞ。

…つーことで、今月日記が途切れがちになるかも知れませんので、悪しからず。


2004年12月6日(月)いきつけの割烹で。

自称グルメらっすぃーおっさんが。

「こないだ@@(←有名高級食材店)の100g1万円のサーロインでステーキしたんやけどね。」とのたまうんだわ。(←ごっつ勝ち誇ったげに。)

ボッタクリもいいとこ。僕に言わせりゃそんな値段ありえない。本人はすっごく得意げなのでおとなしくしゃべらせておいたのだが。(大人やろ、僕?/^^;)

「ふんふん、それで?」
「さすが、@@の○○牛、値段だけあるね。もう全然違う。もうそこらへんの和牛なんか食えないってば!」…なんですト。「君も肉屋なんやからもっと勉強せんとね。」ときたもんだ。

で、オモシロイので先日、店主と共謀してこっそり我が讃岐牛を試食させてみたのだが、

店主「これね、僕が探してきた“幻の和牛”ですねん。」
おっさん「どれどれ、こないだのんより旨いかな〜?」
店主「売値100g2万円なんやけど。」(←実際ウチで売ってるのは100g1700円程度)
おっさん「おぉ!さすがに2万円や!こないだのより数倍旨い。上には上があるのー。なんぼ金出しても違いがわらんとね、うんうん。」


…だってよ。(笑)

案の定、所詮コヤツの味覚はこんなもん。

今度スジ肉を100g2000円ぐらいで食わせてみたろかな〜?と店主と一緒にたくらみ中。(←悪趣味やのー。)


2004年12月4日(土)山陽放送TV「Voice 21」

ローカル局の正月特番で、香川・岡山の特産物を使って有名な料理人がとびっきりの料理を作る、とゆー企画があるらしく、我が【讃岐ビーフドットコム】にも制作担当者さんから問い合わせの電話が。「御社の讃岐牛を使わせて頂きたい。」って、僕は買うてくれるなら何の文句はないので、了解したのだが、(きっちり定価で。)

ステーキ用サーロイン&テンダーロインで合計3.6kg、1件で6万円強のお買上げ。平均客単価がイッキに跳ね上がったりしております。ちょっとイイトコドリされた感じなので、残った部位の後始末が少し難儀ではありますが、まぁいたしかたあるまい。

「森山さんにも何かしゃべってもらいたいんですが?」とゆーことなので、来年正月早々TV番組で“何か”しゃべることになりそーな感じであります。収録はまだ未定なので、いったい僕に何をしゃべらさせたいのかよくわかりませんが。

何しゃべったところで番組構成上都合のいいシーンしか使われないし、地方の狭いエリアだからそんなにどっかぁーん、ってことも期待できないだろうけど、きちんと定価でお買い物いただいて、ちょこっとでも認知度が上がれば儲けもん、ってな感じかなー、(ネットショップ開業以来、全国放送や生中継を含めてけっこーTV出演してるので、もう慣れっこになってる。)

…つーことなので、クリスマス&年末お正月用のステーキは、例年より早く売り切れそうな感じなので、ご検討中の方はお早めにご予約くださいねー。(←これが一番言いたかったりして。^^;)


2004年12月3日(金)ませガキ

息子は夏休みに探偵推理小説に目覚めて以来、学校の図書館に置いてある推理小説を片っ端から読みあさり、すでにほとんど読破したしまったそうな。(ほんまに理解して読んでるんやろか?)あいかわらずアニメやマンガも見てるし、友達とも頻繁に遊んでるようなんだけど、そんな時間がいつあるんやろ?

江戸川乱歩の少年探偵団シリーズをはじめ、ホームズやルパンはおろか、ポアロやメグレやコロンボや、最近じゃサム・スペイドやマーロウなんて“はぁどぼいるど”な主人公まで口にしはじめやがっております、小学校低学年で生意気に。ついこないだまで「名探偵コナン」で満足してたのに。

理解してるかどーかは別にして、その年齢でそんだけ(一日200ページ近く読んでる日もあるんだと。)本をおとなしく読み続けることができる、ってのは、なかなかやる。息子はTVゲーム(僕が買い与えていない)をほとんどやんないからなんだろか?

本って、最初の2.30ページでその文章のリズムに乗れたら、後はすぅーっと読めちゃうんだよね。そこんとこでつまづいちゃうと読むのがしんどくなってしまう。そのあたりのコツを息子はもうつかんでるのかも知れない。

僕も学生時代、一時期、外国人観光客が残していったPaperbackや、大学を卒業していった学生が売り払った新書本なんかを寺町(京都)の古本屋で一山(10冊ぐらい)200円で買ってきて年間200冊ほどむさぼり読んでた時期がある。よっぽど時間を自由に使えてお金に不自由してたんだろうなぁ。(笑)

人生の一時期、はしかのように活字中毒にかかるのは僕の遺伝、なのか?


2004年12月2日(木)危機一髪!!

新たな「左うちわシステム」 がどうも不安定なんだわ。ばっちりウマク作動したり、急に途中で固まったり、とにかく挙動不審でありまして。

本来手間仕事に手を取られないために導入するシステムのバグで再々トラブってちゃ意味ないワケでして、こーゆーとき僕は、か・な・り・シツコク原因究明するタイプなのだ。(←偏屈。)完全オリジナルなCGIだからバグフィックス(修正作業)は当然ながら自分でやんなきゃダメなのね。だって結果オーライで済むようなもんじゃない。DBはショップのキモだかんねぇ。

で、どーやらアヤシイと思ってた共有ファイル設定をこちょこちょいじってたときのこと。

注文メールを取り込むために仮サーバを立ててるデスクトップがいきなり大暴走しはじめるじゃないの!見覚えのない設定画面やアラートが次々にディスプレイに出ては消えるわ、スリープしかけては起きあがるわ、起動音はひっきりなしに鳴るわ。誰が見ても明らかに「壊れる寸前の予兆」。ぐわー、こりゃトップレベルの緊急事態ですよ!

ここでぷちゅん、って切れてしまったらもうDBもへったくれもあったもんじゃない。僕のここ3ヶ月の苦労が水の泡、おそらくHD内でなにかしらのファイルが「壊しあってる」状態だろうから、HDをいったんきれいさっぱり捨ててしまって後でOSを再インストールすればいいはずなんだけど、とりあえずDB関連のファイルだけはなんとか外付けHDに避難させなくちゃ。わわわ、そんなこと考えてる間にも目の前のモニタは加速度的に明らかに異常な反応を繰り返してるじゃないのー。

もうね、冷や汗タラタラどころじゃない。冷静を装いつつ即座に必要なファイル&データを外付けHDにドラッグ&ドロップしたものの、内心心臓バクバクもん、これってハルマゲドンへのカウントダウンじゃないっすか?普段から血圧の高いヒトなら卒倒しかねないぐらいですよっ!

「コピー終了まで約2分です」って、その間に落ちてしまったら、もう僕の手には負えへんやないのー!「頼むでっ!後2分持ちこたえてくれー。」人間追い込まれると念を送ろうとしますな。(←普段は神さんなんて全然信じてないくせに、機械に向かって拝んでる。)

まぁね、なんとか緊急避難できましたけど、おそらくこの一件で僕の寿命は確実に半年は縮まった感じです。一息ついて気を取り直し「さーてほな復旧作業じゃ。」ってOSを完全再インストールしたら、今度はデータを避難させた外付けHDを認識しない。(T_T)

再起動かけたり、接続を確認&やり直ししたり、おそらく終いにゃ他のPCを外付けHDと接続して、ネットワークでファイル共有してデータを覗きにいったりしながら、今晩は更けていく模様であります。うわーん。


2004年12月1日(水)商人の血?

何やら欲しいモノがあるらしく、息子は連日せっせと小遣い稼ぎにいそしんでおります。風呂洗いとか洗濯物とか。

※僕は基本的に労働報酬・成功報酬としてでなければお小遣いを与えない主義。

でもって、さらなる収入源を求めて事業拡大を図ったようで、「ビーダマン作り屋」「貸本屋」として同級生から小銭を稼ぐつもりらしい。たくましいというか、ちゃっかりモノとゆーか。

ビーダマンというのは、ロボット型のビー玉発射機。(コロコロコミックに連載中らしい。マンガ・アニメとオモチャのコラボって当たればデカイよなぁ。)完成型を売ってるんじゃなく、プラモデルのように自分でパーツを組み立てて、それからビー玉遊びをするシロモノ。同級生には自分ではうまく作れない子も多いらしい。そこで息子は組み立て一体25円で請け負ってるんだと。(息子はブロックやプラモデルは得意だからね)

貸本屋のほうは自分の持ってるマンガや本を一週間一冊1円で貸し出すんだと。「誰にいつ何を貸したか?」を記録しておくためのノートも準備して、延滞料規定もあるんらしい。一冊1円じゃ手間賃考えれば割に合わないように思うんだけどねぇ。それ以前に一冊1円の利益でノートへの投資額がいつごろ回収できるのか?(笑)

つか。読まなくなった本を古本屋に売り飛ばした方がずっと手っ取り早いと思うのだが、本人は一生懸命考えた“儲け話”なので、そーゆー「大人の入れ知恵」はしないでおこうっと。


 
★店主からひとこと
 >生産地情報を見る? 和牛は工場の流れ作業でできるようなモノではありません。 同一品種の、同じ牛舎で育った和牛の、同じ部位でも、1頭ずつ個体差があり微妙に風味が違います。牛の素性、健康状態、餌、肥育環境etcを吟味し、最もいい状態に熟成させることによって、抜群の風味を引き出すことができる、と僕は信じています。
 

もれなく進呈割引ポイント!次回から即使えます
【代引】【クレジットカード】決済手数料無料
一梱包につき¥10,800(税込)以上のお買上げで全国一律送料無料
“オーダーカット”大歓迎 業界初のオーダーメードのお肉屋さんを目指します

photo_01 店主自ら牛舎に足を運びます。生産者さんとも仲良くさせてもらってます。 牛の素性、健康状態、肥育環境、餌、生産者、、。人任せにしないで、自分自信で確認するためです。 食欲や毛ヅヤのチェックも怠りません。

【商品の出来るまで】を見る

photo_02 選んだ牛は、一人で筋を引き、スライスします。自信と責任を持って商品をお客さまにお勧めしたいからです。 「安全で美味しくて、庶民でも普段の食財として使える牛肉が欲しい!」「ていねいに育てた素性のいい健康な牛を、お手ごろ価格で安心して食べたい!」そういう方に、自信を持ってお勧めします!

 ■こんなも商品もあります

牛肉のタタキ
牛肉のタタキ
炭で焼き、ワラで焙った本格派!やわらかい赤身の風味が口に広がります!ご注文を受けてから店主自ら一本ずつ手焼きします。
和牛すき焼き

和牛すき焼き用

加熱すると秘められた至高の旨味がジュワっと溶け出しますよ! 和牛の風味と醤油の香り♪あったかご飯でわふわふ食べましょう!
和牛ステーキ
和牛ステーキ用
こんがり焼いた表面を噛み締めるとあふれでる肉汁。讃岐牛の肉汁は香りが違います。素性のいい健康な和牛の旨味成分は格別ですよ!
和牛しゃぶしゃぶ
和牛しゃぶしゃぶ用
さっと湯通しして、ほんのりピンク色でどうぞ 。甘い香りと香ばしい風味が口の中に優しくふぅわっと広がります♪
和牛お試しセット
お試しセット讃岐牛
原価割れ商品につき。お一人様一個限定!自信があります。不味かったらお金いりません!まぁいっぺん食べてみ?(笑)
和牛サービス品
売り切れ御免サービス品
ステーキ用やすき焼き用の端材を使用しています。たいへんお買い得になっていますが、端材ができないと売り切れになってしまいます。

お支払い方法について
代引
クレジットカード決済
分割 リボ払いもご利用可能
後払い
コンビニ・銀行・郵便局からお振り込み
送料について(一梱包につき)
北海道、沖縄地区:1,400円  
その他全国:一律700円
¥10,800(税込)以上のお買い上げで全国一律送料無料!
離島地域への送料についてはこちらからお問い合わせください。

※システムの都合上、カートを使用しないオーダーカット・電話・FAX注文は送料無料サービスは適用されません。
鮮度保存について
切り立てのお肉を、すぐさまガスパック包装します。 細菌の増殖を抑え、輸送中に起こりうる鮮度劣化を予防するため、混合ガス*を入れて、密封包装を施します。
スライス後、2〜3時間もショウケースに陳列したお肉なんかより、よっぽど新鮮ですよ!

ガスパックの封を切らずにおけば、家庭用冷蔵庫のチルドルーム(0℃〜-2℃)で、約一週間ほど鮮度を保持できます。変色の心配もほとんどありません。
*酸素と炭酸ガスを65:35に混合したもの
手数料について
代金引換・クレジットカード決済での手数料は無料(弊社負担)です。

後払い決済をご利用頂いた場合、「決済代行手数料」(ご請求金額の5%)をご負担いただきます。


和牛通販 讃岐ビーフ.COM

和牛すき焼き用和牛しゃぶしゃぶ用和牛ステーキ用牛肉のたたき
お試し讃岐牛数量限定サービス品!サイトマップ

讃岐ビーフドットコム Copyright(C)2004 sanuki-beef.All Rights Reserved.